なかさと会員利用規約

なかさと会員利用規約 (平成18年4月1日改訂)

第1条 (通 則)
1 本会は「なかさと会員」と称します。
2 この規約は、なかさと会員の管理運営に関して必要な事項を定めます。
3 なかさと会員の運営は、株式会社なかさと(以下「会社」といいます)が行います。

第2条 (利用施設)
1.会員の利用施設(以下「本施設」といいます)は、次のとおりとします。
 (1)ミオンなかさと 新潟県十日町市宮中己4197番地
 (2)ゆくら妻有   新潟県十日町市芋川乙3267番地

第3条 (会員の種類)
1 家族会員:世帯を同一にする同居家族に限ります。
2 個人会員:記名1名、15歳または高校生以上が対象となります。
3 フレンズ会員:記名1名、15歳または高校生以上が対象となります。
※未成年者が会員になることを希望する場合は、親権者が保証人となる事を要します。

第4条 (会員の資格)
1 本施設利用規則及び細則、その他の規則を守れる方
 (1)心臓病、伝染病、精神病及びこれに類する疾患のない方
 (2)禁治産者及び準治産者でない方
 (3)医者から運動や入浴を禁止されていない方
 (4)刺青をしていない方
 (5)暴力団組織員及びその関係者でない方
 (6)その他、会社が入会に適さないと判断した以外の方
2 会員は、所定の申込用紙の提出と会費を納入した方に限ります。

第5条 (会費)
1 家族会員:年会費35,000円(配布利用券 100枚付)
2 個人会員:年会費20,000円(配布利用券 50枚付)
3 フレンズ会員:1ヶ月コース9,000円 6ヶ月コース50,000円 1年コース90,000円
   (上記の料金には、消費税・入湯税が含まれています。)
※一旦支払われた会費は、理由の如何にかかわらず返却いたしません。

第6条 (会員証)
1 会社は、本施設に入会した会員には会員証を交付いたします。
2 会員証は、他人に貸与及び譲渡はできません。
3 会員は、会員資格を喪失した場合、速やかに会員証を会社に返却するものとします。
4 会員証を紛失した場合の再発行は有料となります。(300円)

第7条 (有効期限)
1 家族会員および個人会員の会員資格有効期限は入会から1年間とし、会員資格を継続する場合には会社が別に定める更新手続きを期間満了までに行うものとします。
2 フレンズ会員の会員資格有効期限はコース毎(1ヶ月・6ヶ月・1年)の期間とし、会員資格を継続する場合には会社が別に定める更新手続きを期間満了までに行うものとします。

第8条 (利用方法)
1 家族会員および個人会員が本施設を利用する場合、会員証及び下記の利用券を提示するものとします。
  (利用券のない場合は現金支払いとなります)
   温泉利用(1回に付)
     大人  配布利用券1枚または、追加購入利用券 大人券(300円)を1枚
     小人  配布利用券1枚または、追加購入利用券 小人券(150円)を1枚
2 フレンズ会員が本施設を利用する場合、会員証を提示するものとします。
   スパ(温泉)を各コース期間、回数に制限なくご利用いただけます。

第9条 (譲渡及び名義変更)
1 会員は、本施設の会員資格の譲渡及び名義変更はできません。

第10条(変更事項の届出)
1 会員は、氏名・住所・連絡先など入会申込書の記載事項に変更があった場合には、速やかに会社に変更届を提出するものとします。

第11条(退会)
1 会員が退会する場合には、直接会社に申し出るものとします。
※一旦支払われた会費は、理由の如何にかかわらず返却いたしません。

第12条(休館日)
1 休館日は次のとおりとします。
    ミオンなかさと  毎週木曜日(8月は無休)
    ゆくら妻有   毎週水曜日(年末年始・ゴールデンウィーク・夏休み期間を除く)
     *水曜日が祝日の場合、前日の火曜日を休館日とします。
2 その他、必要に応じて臨時休館日を設ける事ができるものとします。

第13条(営業時間)
ミオンなかさと
1 午前10時より午後10時まで(最終受付は午後9時30分とします)
ゆくら妻有
1 午前10時より午後9時まで(最終受付は午後8時30分とします)

第14条(個人情報の取扱)
1 当社は、会員個人を特定することが可能な情報や、会員のプライバシーに係わる情報について、本人の了承なく第三者に提供しないものとします。尚、会社のプライバシーの考え方は別途「プライバシーポリシー」に記載のとおりです。

第15条(施設利用の制限)
1 会社は下記の場合、本施設の全部若しくは一部を閉鎖し、または利用を制限することができるものとします。
 (1)天候・災害その他により施設利用が不可能と認められたとき
 (2)施設の改修・点検等を行うとき
 (3)会社の主催する競技会等の特別行事を開催するとき
 (4)営業上必要と認めたとき
2 会社は、施設の一部を予約制とし利用時間を制限することができます。
3 会社は、施設利用の円滑化を図るため、利用時間・利用人員を制限することができます。

第16条(免責事項)
1 会社は、本施設内および付帯施設で発生した盗難・障害その他の事故について、一切の責任を負わないものとします。

第17条(損害賠償責任)
1 会員が事故の責任を帰すべき事由により、会社または第三者に損害を与えた場合には、その賠償責任を負うものとします。
2 会員は、自らが同伴または紹介した利用者が会社または第三者に損害を与えた場合は、連帯して賠償の責を負うものとします。

第18条(会費等の変更)
1 会社は、会費その他利用料等が、会社・経済情勢の変動等により、不相応になったと判断した場合は、これを改定することができます。

第19条(閉鎖)
1 会社は、次の場合には本施設を閉鎖し、全ての会員との契約を解除することができます。
  会員は、その際、損害賠償請求等の意義申立てをすることができません。
 (1)法令の制定・改廃または行政指導等により、本施設の営業が不可能または著しく困難になったとき
 (2)天災・地変により、本施設の営業が不可能または、著しく困難になったとき
 (3)著しく会社・経済情勢の変化やその他やむを得ない事由により、本施設の営業が不可能または著しく困難になったとき

第20条(詳細等)
1 本規約に定めない事項並びに運営上必要な事項については、別途詳細その他規則に定めます。

第21条 (規則の改正)
1 本規約及び規則等の改正は、会社がこれを行い、その効力は全ての会員に及ぶものとします。

この規約は、平成25年10月1日より施行します。

※大人とは、中学生以上をいいます。
※小人とは、小学生をいいます。(未就学児の施設利用は、無料)